何を書こうか模索中??

大分県日田市について

何についてブログで書こうか非常に迷っていてPCに文字を入力しては削除しての繰り返しの状況で、毎日更新されている方の執筆力と創造力には驚かされます。本当に尊敬いたします。そこであれこれ悩んだ挙句、仕事柄移動することが多いので少しそのことについて触れてもいいのかなと感じました。

本日は大分の日田市エリア界隈を中心に仕事に行きまして元町を中心に温泉街があったり豆田町のような伝統的な建築物があって保存地区にもなっているみたいで非常に趣き深い場所であり、都会の喧騒とかけ離れた雰囲気があったのが印象的でした。

お店は待鳥松月堂本店(和菓子屋)・ごうや(懐石料理)・日田まぶし千屋(ひつまぶし)・うなぎの黒田屋その他にもいたや本家(あゆの釜飯・うなぎ)・草八(蕎麦屋)・赤司日田羊羹・日田醤油もあるみたいです。その他にギャラクティカ豚足のお店やはきもの資料館足駄や(すごく大きな足駄が展示されてました)等 個性豊かなお店が多くてゆっくり散策できる時間があれば1日楽しめる場所だと思います。その中でも以前からリサーチしていたお店がありまして機会があれば是非言ってみたいと思っていたお店が

        日田まぶし千屋 さん

営業を初めて25年くらい。店内も広く2階建てですが、現在は拡張されたので2階は利用していないとのことです。店内も清潔感があり待合室が広めにあるのはありがたいですね。

私が行ったお昼間の時間帯ではお客様が既に7組くらい来ていましてまだ空きがあったのですんなり入れました。恐らく土・日は待ち時間があると思います。店内は4人掛けと6人掛けがあってもし団体があれば離れの別部屋もあるみたいです。駐車場は大分銀行の駐車場が比較的台数も多くて60分200円でしたのでそちらに停めました。天領まちの駅でお買い物される方はそちらに置いても良さそうですが、大分銀行に置いて行っている人が多そうにも思いました。

まずはお品書きを見るとほねせんべいやうざくもあるのでビールと一緒にスタートするのも悪くありませんが、ドライバーがいないと無理ですから、ここはやはり日田まぶしの(大)でと行きたいところですが、小心者ですので(並)で注文をしました。

(並)でもうなぎのボリュームはありますので満足ですが、やはり(大)を注文した方がよかったなぁと後悔しています。多分子供でもぺろりと食べてしまうと思います。それくらい食べ方の方法があって3種類ですが、一番インパクトが強かったのが大根おろしとゆずのコラボレーション

これは本当に衝撃でした。博多の焼き鳥屋の祇園本陣さんでも大根おろしと一緒に食べるという衝撃がありましたが、大根は本当に甘みがあって本当に何でも合いますね。初めての経験ができるとやはりテンションが上がります。

私自身は子供のときから大根おろしに醤油をかけてごはんと食べるようなこともしていましたので  まったく違和感はありませんが、うなぎと大根という設定は初めてでしたので本当に貴重な経験をさせてもらいました。

絶対価値はあると思いますので、是非一度お試しいただければと思います。

コーヒーカップ探し

私はコーヒーが好きでほぼ毎日2杯は飲んでいるのですが、コーヒーカップを変えるとまた癒しがましましになりそうですので探しています。(ちなみに陶器はまったく詳しくありません)       年齢を重ねてくると意外と自分の好みとかこだわりが強くなってきて(頑固なわけではありません!!)があって見つからないです。いい年してくると慎重になってしまうんですかね。

選んでいるうちが楽しいのかもしれませんので、気長に自分の一品が見つかるようにお出かけを楽しみたいと思います。ちなみに伊万里にノリタケのアウトレットがあるみたいで種類も豊富でお安く買えそうなので機会があれば行ってみたいと思います。

話は戻りまして日田は小鹿田焼が有名みたいで重要無形文化財として指定を受けております。うきはの道の駅でも少し売られていましたが、やはり散策して自分のお気に入りを探すのも楽しいと思います。時間ありませんでしたので立ち寄ることはできませんでしたが、繊細な陶器を見つめて職人さんの技術とセンスに癒されたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました